いけわぶろぐ

スマブラとか twitter@ikewadesu

【2020】スマブラDXハック新定番「MultiMod Launcher」まとめ

 

導入方法

オフライン大会(BGW、黎明祭、修羅フェス等々)、または宅オフなどでメモカコピー可能ならぜひコピーしてもらいましょう。WiiGCの本体機能でコピーできるので、メモカが1つあればコピーして大量に増やせます。

自分で導入する場合は、ハック済みのWiiを利用して、PC→SDカード(USBメモリ)→実機メモリーカードにデータを移動させます。

上記のどちらも厳しい場合は、自分のTwitterのDMへご相談ください。可能な範囲でどうにかします。

ハックWiiを使用した導入方法は別途記事を書く予定。

MMLの機能(動画版)

動画では、設定画面を実際に触りながら説明しています。
DX界発展のため、収益化のため(正直)、チャンネル登録と高評価をお願いします!

MMLの機能(テキスト版)

起動時

Name Entryから起動。

HDMI接続の場合は最初の問いかけにYESを選択。設定が最適化+Haxの遅延削減コードが有効化される。

UCF

Universal Controller Fix、略してUCF(ゆーしーえふ)。
オンにすると「シールドドロップ」と「ダッシュバック」の入力が安定するようになる。
この2つの難易度を下げることで、「コントローラのせいでどう頑張ってもシードロが出ない」などという面倒なコンラガチャ要素を軽減できる。
海外では2017年頃から見られ、2019年以降は国内でもUCF大会が多数派。

Frozen Stages

ステージギミックをオフにします。主にポケスタ(動かなければ良ステージ)を止めるために使用。

  • Stadium Only設定だとポケモンスタジアムだけ停止する。
  • All設定にすると、ポケスタに加えてヨシストのヘイホーとプププの風が消える。ヨシストの雲は消えない。

競技用ステージではないポケモン亜空間とかはギミックオフでも動く。

Newtral Spawns

試合開始時、キャラ出現位置が平等になる。
※未改造だとフレーム差や位置関係によって有利不利がつく

Disable Wobbling

アイスクライマーのつかみ硬直ハメであるWobbling(ぱしぱし)を無効化。
ポポ(プレイヤー)が掴み中にナナ(CPU)が3回敵を殴るとつかみが解除となる。
下Bのブリザードが連続ヒットしても即座に解除されないので、3ヒットではなく3回技を振って3回ヒットしたら解除?

Ledgegrab Limit

タイムアップで試合が終了したとき、どちらかのプレイヤーが45回以上崖を掴んでいるとストック差に関わらず負けになる。

Tournament QoL

トーナメント用の便利機能を一括でオンオフできる。個別設定不可。

  • ステージ選択画面でのステージBAN機能
  • シークの上Bなどキャラが画面から消えるときにネームタグも消えるように(シングルス限定)
  • キャラセレ画面で十字キー上下で振動オンオフ
  • キャラセレ画面でコントローラを抜くとポートが閉じる
  • ダブルスで夢の泉が選ばれなくなる
Friendlies QoL

フリー対戦用の便利機能を一括でオンオフできる。こちらも個別設定不可。

  • 試合結果画面をスキップ
  • 試合終了時/ノーコン時にA+Bを入力すると同ステージで再戦
  • 試合終了時/ノーコン時にA+Xを入力するとステージランダムで再戦
  • 前の試合の勝者はキャラセレ画面で名前が黄色く表示される
  • プレイヤーが1人でも、タイム制/時間無制限にすれば試合に入れる
Game Version

複数のスマブラDXのバージョンを切り替える。

  • NTSC v1.02:国内完全版と同じ
  • PAL:ヨーロッパ版。国内完全版より後に発売され、一部キャラ性能が違う
  • SD Remix:非公式キャラ性能修正版。上位キャラは変わらず、下位キャラがバフされている
Stage Expansion

一部ステージが改造され、対戦で使いやすいものに

f:id:wanoh:20200218154252p:plain

Stage Expansionで使用可能ステージ
Widescreen

モニター使用時のワイドスクリーン設定。
モニターやNintendontなどの設定にも左右されるので自分は特に使わず。

MMLを使用する際の注意点

MMLは、スマブラDXのバージョンを「NTSC1.02(日本/北米完全版)」or「PAL版(ヨーロッパ版)」or「SD Remix(弱キャラ強化版)」から選べます。

スマブラDXの国内版は1.00、1.01、1.02の3種類あるのですが、MMLでは対戦中の挙動が1.02、すなわち「NTSCの完全版」に固定されます。元のディスクのバージョンが1.00や1.01であっても1.02準拠となります。
この仕様により、MMLモカを使用中はディスクの差を気にせずによくなる代わりに、実際に選択できる国内バージョンは完全版(1.02)のみとなります

1.00や1.01との大きな違いとして、一部の連続技のヒットストップに変更が入り、結果としてサムスの空上、上Bなどの対ずらし性能に違いがあります。
あとはバグが一部修正されたりしています。上記のヒットストップの変更を除けば、キャラ性能が露骨に変わった点などはありません。(ちなみにPAL版では投げ連削除などのバランス調整が行われました)

日本の大会では慣例的に初期版/修正版をメインで利用していましたが、MML等の登場で完全版への移行が進むと思われます。

ちなみに海外の大会ルールはNTSC1.02です。(ヨーロッパもPALからNTSC1.02に移行中)

 3.1.1. Game Version
The official game versions are NTSC 1.02 and PAL for the Nintendo
Gamecube, as determined by the location of the tournament, using
standard memory card data with all characters and relevant stages
unlocked.

関連リンク

 

【スマブラDX】シールドドロップ(シードロ)

概要

  • シードロっていうオタクテクニックがある
  • 台上シールドから台降りできる(=素早く空中状態になれる)ので強い
  • 最近みんな使うからオタクテクニックじゃなく常識になりつつある

シードロ入力方法

スーパーざっくりver

ダッシュガードか走行ガード張ってスティックを真横→斜め下にガッてやると出る

ざっくりver

  1. 左右どちらかにダッシュか走行する
  2. 左右を入れっぱにしつつシールドを張る
  3. そのままスティックを、ノッチ(外周)に沿って斜め下45°へ
  4. シードロができる…コントローラによっては安定しない(後述)

やや詳しいver

シードロは、ある縦入力値の範囲内にぴったり入力すると発動する。
入力は困難だが、実は「ある縦入力値」は、スティックカバーの斜め下方向のノッチ(くぼみ)と近い位置にある。コントローラによってノッチに合わせたときの入力値は微妙に違い、シードロが出やすいコントローラと出にくいコントローラがある。

一般的な方法では「左or右入力を入れっぱなし+シールド」の状態を作る必要がある。
この入力をやらずに「中央から斜め下に倒す」と、たいてい横回避か下回避になる。
一度左右入力をしておくと、横回避の暴発が防げるし、ノッチを利用することで劇的に安定する(コントローラによっては)。

めっちゃ詳しいver

ノッチ(notch)

コントローラの入力値を覗けるハック環境があれば、自分でノッチを修正することが可能。基本的にはヤスリで削る。セリアとかに棒ヤスリがある。
コントローラによって、上に削るか下に削るかは違う。左右両方削ろう。もちろん「片側はもともとシードロ出る」場合は放置でいい。

削りすぎるとコントローラの前面パーツがおじゃんになる。安いジャンクコントローラを1000円くらいで買ってきて、パーツを付け替えれば問題ない。

技術を持った人に依頼するという手もある。コアラさんはノッチ改造の依頼を請けている。
また、黎明祭(2020年2月)に世界トップのコンラ職人「n3zModGod(ノアさん)」が来日されるので、現地で改造してもらうなり、黎明祭に行ける人にコンラを託すのもいいだろう。

UCF

www.ssbwiki.com

Universal Controller Fix」シードロをどのコントローラでも出る程度に簡単にすることでコントローラ格差を埋めるハック。
UCFが有効である場合、(左右シフトから出す方法に限り)シードロが成立する入力値が広くなる。かなり甘くなるので、普通に台を降りるかわりにシードロを使っても安定するレベル。けっこうゲーム性変わる。

シードロの他にダッシュバック(立ち状態からの後ろダッシュは1F猶予+GCコンのポーリングレートの問題で出るかどうか運ゲー)の修正も入っていてストレスフリーだが、UCFに慣れたあと未改造ロムでやると動きがガタガタになる(個人差あり)。海外勢が日本の対戦会に来て「UCFじゃないのかよ!じゃあDXやらない」という事件があるほど操作感が違う。この事件の影響は大きく、国内最大の大会「BGW」もUCFに移行しつつある。

【2020/02更新】スマブラDXをやるのにブラウン管はいらない

結論

スマブラDXをやるのに、ブラウン管、いらないです。
選択肢の一つではあるんですが、ぜんぜん必須ではないです。

「これまでずっと、20年近くも、ブラウン管必須っぽく言ってたじゃないか!」という話ですよね。
もちろん大会はブラウン管(一部HDMI+モニター)で行われていますし、「理想の環境はブラウン管」なのは間違いありません。

でも、大会参加を前提でプレイするとしても、普段は液晶モニターやネトデラでプレイで十分。
そして大会の前日にブラウン管がある人の家にいって調整すれば十分だったりします。
「家にはブラウン管がないし対戦するのもネトデラだけだけどDXガチ勢やってます」というのも全然アリになってます。

この記事で伝えたいのは、

  • 「理想の環境」はブラウン管なのでハードル高めだけど
  • 「十分プレイできる環境」をつくることはそれほど難しくないということ
  • 遅延削減コードとか出てきて液晶大会も出現し始めました
  • だからSP勢も5000円でWiiと変換器買ってDX触ろう!!

ということです。

液晶テレビスマブラDXをやる

まずは「実機Wii」と「HDMIが使える液晶テレビ/PCモニター」の場合。

なぜ実機がWiiに限定されてるかというと、優秀な変換器が格安で存在するからです。

こちら、未改造の状態でも、「まあいいんじゃね」程度の遅延におさまってます。

追記:手軽に遅延を減らすことが可能な改造セーブデータ「MultiMod Launcher」が発表されました。大会などでメモリーカードにコピーしてもらえます。
ゲーム自体を最適化・高速化することで、液晶の表示遅延を相殺する仕組みとなっています。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

(余談)

Wiiは電源投入→GCソフトを起動するまでの画面移動にWiiリモコンが必要ですが、知識があればハックしてGCコンのみで起動可能。(Priiloader)
ちなみにソフトもROMデータをUSBやSDに入れることで、かんたんに持ち運び可能です。※データは自分で吸い出すこと!

この辺の記事も執筆中です

Wii+変換器+モニターのまとめ

  • +かなりお手軽、Wiiと変換器とディスクを買っても5000円いかない
  • -遅延は通常プレイで気にならない程度だが、ブラウン管,エミュ環境には劣る
  • →2019年以降登場した「Multi Mod Launchr」や「Haxコード」によって解決!ほぼブラウン管並の遅延になりました
  • -細かいハックまで進む場合はやや知識が必要

DolphinでスマブラDXオンライン

ある程度のスペックのPCがあれば、ネトデラ環境を構築するのがおすすめです。

ネトデラスマブラDXオンライン)」は、主にエミュレータによるネット対戦ツールなのですが、このエミュはオフラインプレイでも実機と遜色なく使用できます。
「遜色なく」というか、実際のところ「実機よりエミュのほうが入力遅延が少ない」という状態です。

オフ会の募集でも「ブラウン管2、PC1」みたいな表記になってるところがあって、そういうときはエミュレータが対戦台として使用されています。
あと、ノートPCでも高性能なものであればエミュが動かせるので、大会でPCを持ち込んでフリー台として運用してる人も。

一方、ネトデラの問題点は、導入にあたってハックやPCまわりの知識が必要なのと、PCスペック次第で動かない可能性があること。

10万とかのi5+GTX1060,1070などが載ってるデスクトップPCだとかなり余裕を持てるので、ネトデラに興味があってPC買い替えのタイミングの方は、10万〜の価格帯がおすすめです。

【2020-02 追記】Twitterで指摘をいただきました。
結論から言うと、下記要件を満たせばいいので、BTOで5~6万付近/自作で4万円台程度のデスクトップPCなら動きます。ノートPCだともう少しかかります。

  • CPU:4コア4スレッド(現行品であればi3-8100/i3-9100以上)推奨、2コア4スレッド(pentium等)でも動くかも
  • グラボ:基本的に不要、最近のintel CPUに内蔵のintel uhd630で十分
  • メモリ:4GBもあれば十分
  • ネット:固定回線+有線LANで。携帯テザリングは❌ですが、SoftBank Airで深夜帯だと一応プレイできなくはなかったです(バッファ20)

i3-8100はCPUとグラフィックの条件を満たしているので、i3-8100もしくは旧世代のi5などで同等以上の性能があればOKです。

PC購入相談ネトデラ導入相談にも乗れるので、Twitterでも配信でもいいので聞いてください。DMオープンしてます。

「Dolphinエミュレータ」のまとめ

  • +既にPCがあれば追加投資がほとんどいらない
  • +ブラウン管不要により場所を取らない
  • +ネット対戦(ネトデラ)もできる
  • +ノートPCで動けば持ち運びができる
  • -PCスペックに左右される(グラボ載ってなくても動く程度の負荷ではある)

やっぱりブラウン管?

ネトデラ用のエミュレータが優秀なので、両方ある場合はあまり起動しなくなるかもしれないブラウン管。
あのLeffenも普段のトレモはDolphinでやってるとか。

それでも宅オフをやるなら一つは持っておくのも手です。実機+ブラウン管の環境が一つあると安心感が違います。大会前は目を慣らしておきたいのでネトデラはちょっとこわい。

ちなみに国内の大型大会だと、

以上のようになってます。地方大会やオフ会は、まだまだブラウン管多めです。

なおサイズは14型くらいにしておきましょう。画面サイズに比例して奥行きと重さも増量します。21型なんかは部屋にあるだけで苦痛です(実体験)。

wanoh.hatenablog.com

ブラウン管のまとめ

  • +なんだかんだ安心感がある
  • +(処分時に金かかるけど)導入費用はメルカリやジモティーなどを使えば安い
  • -でかいかさばる重い
  • -処分がちょっとめんどい

Twitterの反応を見てると、DX最上位勢であってもブラウン管不要論が増えてきました。
実際、Wii+モニターでも全く問題ないですし。SPのオンとオフの差に比べるとネトデラは「エミュが実機より高速」な影響で快適です。

 

個人的に

ネトデラ環境作っておくのが一番安定かなーと思いつつも、いまはPC持ってない人も多いので、Wiiと変換器をおすすめしたいです。安いし。
PC買う場合は、ネトデラ用+Switchをキャプボで配信用くらいのスペックを狙うと一石二鳥かもしれませんね。こちらは6万付近かと思われます。

で、全員にガチプレイしろといってるわけじゃないんで、絶空とか超絶とかリフとかで気軽に楽しんでいただきたいですね。適当プレイでも歴代スマブラの中でトップクラスに面白い作品で、だから好きなんです。
ついでにマリオサンシャインとかエアライドもやりましょう。

今後はハックネタ系の他にも面白い動画とか撮っていけたらなと思います!

なにかわからないことあれば、コメントやTwitter@ikewadesuにどうぞ!